台湾への入国について(2022年5月29日更新)

焼き小籠包が有名な上海料理店「高記」

目次

高記

高記は台北にある上海料理店で、以前は永康街にありましましたが現在は大安に移転しています。

焼き小籠包

名物は焼き小籠包で、鉄の器にのって出てきます。

普通の小籠包しか食べたことがなかったので、焼き小籠包なんて邪道だろうと思っていました・・

小籠包とは全く異なるもので、皮は分厚めで見た目は小さい肉まんのようです。

大きな特徴は焼いてあることで底面にお焦げができて、パリっとした食感が楽しめます。

一つのサイズが大きいので2〜3人でシェアするのがおすすめです。

東坡肉(トンポーロー)

東坡肉は日本でいう豚の角煮のようですが、皮付きの豚の三枚肉を使っています。

皮の部分はもちもち、油の部分はとろとろなので変わった食感を楽しめます。

そのまま食べてもいいのですが、割包というパンに挟んで食べるのが中華風です。

まとめ

上海料理は醤油を使った甘辛い味付けが多いのが特徴なので、どの料理も日本人の口に合います。

お値段は少し高めですが、訪れる価値のあるお店です。

ランキングに参加しています
応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次