台湾への入国について(2022年4月18日更新)

年越し台湾!台北101の花火で新年を迎える

この時期になると台湾で年越ししたときのことを思い出します。

12月31日の台北の雰囲気はどこかいつもと違う感じ。

ホテルはどこも満室で、台北の街は多くの観光客で賑わいます。

夜になり、台北101の中は多くの人でごったがえしていました。

22時になると台北101閉店し、皆が外で待つことになります。

外も特設ステージでライブが行われており、台湾の歌を聴きながら待つことができました。

夜でもそこまで冷え込まないので薄手の上着でも寒くないのが冬の台湾のいいところです。

23時を過ぎると皆が路上に座りはじめ、まわり一帯が観客席へと変化。

当然ですが中国語でカウントダウンが始まり、会場の熱気は高まります。

そして「新年快楽(ハッピーニューイヤー)」の声がそこらじゅうから聞こえてき、会場の興奮は最骨頂に達しました!

そして数分間の花火が終わると、皆が一斉にMRTの駅へと歩きだします。

案の定、MRTの駅では入場規制が敷かれてまったく前に進みません・・。

MRTに乗るのを諦め、しばらく時間をつぶそうと大通りを歩くことにしました。

何人かの人の流れについて行くと、なんと台北駅行きの臨時バスが出ているという張り紙を発見。

バス乗り場も近く、ほとんど並ぶこともなく乗車することができました。

あのままMRTの行列に並んでいたらと考えるとゾッとします・・。

こうして無事に台湾で新年を迎え、ホテルへと帰ることができました。

ランキングに参加しています
応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる